即日キャッシングへの道〜審査のステップを理解する

即日キャッシングを申込をしたとき、何が何でもクリアしないといけない障壁になるのは借入審査です。

 

借りた金額に見合った返済力を持っているかを精査することが目的です。

 

小額融資を申し込んでも審査に合格しないと現金を手にすることは叶わないので、最も重要なハードルなのです。

 

そこで以下に、謎の多いキャッシングの審査内容について大まかに解説するので、ぜひご参考にして下さい。

 

大半のキャッシングの場合、スコアリング方式といった基準を利用して申込者の返済能力を半自動で判別しています。

 

このシステムを完結に解説すると、まずは申し込んだ人の属性(年収や年齢、勤続年数など)をスコアリングすることで基準値を作ります。

 

そしてそれを今までの顧客情報が記録されたデータと参照し、きちんと返済能力があるかないかを少ない労力で判別できるというものが、スコアリング方式審査の特徴です。

 

このようなシステムのお陰で、申込から30分ぐらいで審査回答がはじき出される即日ニーズへの対応と、審査に掛かる人的コストの削減にも貢献し、必要なときにすぐにキャッシングを利用できるようになりました。

 

そうしたスコアリングを通過すると、次は他社からのキャッシング状況をチェックされます。

 

信用情報が記載されたデータをCICやJICCから閲覧して、どれだけの金額をどれだけの金融会社から借りているか、という状況や過去の返済遅延や、借金整理(債務整理や個人再生など)の問題の有無を調べます。

 

また、総量規制の対象となっているかどうかをチェックする意図もあります。

 

総量規制というのは融資額の上限(自分の年収の3分の1以上はダメ!)を定めた法律で、多重債務者を増やさないようにする、というのがこの総量規制の目指しているところです。

 

しかし総量規制の対象となる融資は信販会社と消費者金融からのキャッシングに限られます。

 

クレジットカードのショッピング利用や、多くの人が利用するようなローンに関しては対象外となります。あくまで、貸金業法内の一環なので銀行からの融資に関してはいくら借りていようが関係ありません。

 

こうした審査にパスすると、在籍確認とよばれる最終ステップに移動します。

 

この在籍確認というものは、申請をした会社に実際に籍を置いているか?を実際に電話をかけて確認するものです。

 

必ず佐藤や岡田というような個人名で電話をするので、キャッシングに申し込んだことが勘付かれることはありません。

 

この時、休憩時間などで会社に居なかったとしても、本当に会社に所属している(在籍している)ことが分かればそれで完了です。

 

概ねどの金融会社でも、こうした審査を通過すれば晴れて融資を受けられます。

 

借入先によっては多少の違いもありますが、大概このように審査が進められます。全体像を把握しておけば必要以上に審査に怯えることはありませんよ。

即日キャッシングへの道〜現金の受け取り方法による違いを理解する

このごろでは、多くのカードローン会社で即日審査をうたっているので、早い所ですと30分というところもあります。

 

しかし、銀行系と消費者金融ではその特徴に違いがあるので注意が必要です。

 

銀行系は低金利を売りにしており、消費者金融と比べると厳しい審査をしなければいけません。
必然的に、審査に掛かる時間が長引いてしまうと言う特徴があります。

 

対して、消費者金融カードローンはすぐに審査が終わるので、その日に借りたいときこそ利用価値が高いという違いがあります。

 

百万円規模の借り入れ金額の場合は、金利がどれぐらいなのかは最初に確認しておくべきポイントです。

 

借入額が多い場合は数パーセントの金利の違いで負担する利息金額が大きな差となってあらわれます。

 

しかし数万円レベルの借り入れや即日融資が優先ならば、金利水準は銀行系と比較すると高めになるものの、審査の早い消費者金融がベストな選択です。

 

その時々の目的や借りる金額によってどこから借りるか選びましょう。

 

即日融資が望みであれば、まずは必ずネットでの申込をしましょう。

 

口座振込みで受け取りを希望した場合、楽天銀行などのネットバンクであれば夜間であっても振込みが反映される一方で、通常の銀行口座の場合はその時間帯によって入金がずれ込みます。

 

振込を夕方に行ってもらった場合、入金手続きが行われるのは残念ながら次の営業日です。

 

申し込みが夕方でも即日融資を希望するなら、キャッシング会社のATMを活用しましょう。

 

オンラインで申し込みをした後自動契約機に行って手続きすると、すぐにカードが発行されて現金を受け取れます。50万円以下の借り入れの場合は収入を証明する書類が不要なので、借り入れの手間はそれほどありません。

 

こういった流れを知っておくと、外出しているときに突然現金が必要になってしまったとき、銀行振り込みだと時間的に厳しい場合でもお金を貸してもらえます。

 

まずはネット申し込みをしてから、自動契約機にカードを発行させるのが最短パターンです。

 

アコム・アイフル・プロミスなど大手の消費者金融なら、店舗が閉まっている時間帯でも自動契約機で借り入れできます。夕方より後になって今日中に借り入れをしたいニーズがあるなら、オンラインで申し込み、無人機を使いましょう。